ニュースの話し

【ニュース】日本も続く?ネットフリックスがDVDレンタル配送事業の終了を発表

ネットフリックス DVDレンタル終了
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

アメリカ発のNetflixは2023年4月18日、25年間の歴史を持つDVDレンタル配送事業を、2023年9月29日の発送で最後にすると発表したとニュースになってましたね。

マコちん

このニュースを聞いて、何年後かは日本もレンタルDVDの事業がなくなっていくんじゃないかと考えずにはいられません。

ネットフリックスってDVDレンタル事業してたの?

そもそも、ネットフリックスってDVDのレンタルをしてたんだ!と思っていたら米国だけの話しなのね。なるほど。

ちなみにこのレンタルDVDの事業は、家まで配送してくれるサービスのことですね。

家のポストにDVDが直接届いて、返却は近くのポストへ入れて完了っていう以外と便利なサービスそうなサービスだったんですけど、今はストリーミングサービスでネット動画を簡単に楽しめるので事業を撤退していくのは仕方ない話しですね。

 

冒頭で、そもそもネットフリックスってDVDのレンタルしてたんだ!とか言いましたが、元々は配送レンタルサービスの会社のようです。

時代の変化とともに、ストリーミング配信サービスに乗り換えていったようですね。

設立は1997年で1998年にはDVDレンタルサービスをはじめたようで、動画配信サービスは2007年に開始したようです。

DVDレンタルサービスは25年ほど続いたようで、この期間に配送したDVDの枚数は52億枚以上とのこと。とてつもない量ですね。

とはいえ、ひとつのサービスが終了してしまうというのは寂しい話しで、わたしも昔「楽天レンタル」というDVDを配送してくれるサービスを何度か使用したことがありましたが、非常に便利だったのを記憶しています。

まぁ、レンタル料金が近場のレンタルショップへ行くより高かったので、やめてしまいましたが。

そうはいっても売り上げがそんなに落ちたのかと調べたところ、2022年は1億4600万ドルと出てきました。

日本円に換算して198億円ほど。(2023年5月時点)

そこそこ売り上げがあるじゃないか?

 

と思って、今のストリーミングサービスの売り上げを調べたところ316億ドル。

 

316億ドル!!

 

えっ、待って。日本円だといくら??

換算してみました。

日本円して、4兆2900億円、、、

 

4兆2900億円!!

 

差額すげぇーな!おい!

 

DVD事業が198億円だから、ざっと0.4%くらい、、、

うーん、これは不採算事業ってことかな、、、

DVD事業自体もすんごい売り上げだけど、会社としては残念ながら撤退することになった訳ですね。売り上げだけでもすごいけど、利益率だけでも配送コストも発生するから、ここにも差がありそうです。

それにDVD事業だけみても、年々売り上げが減少していたみたいなので、先を見越した経営判断ということなんでしょうね。

日本も続く?レンタル事業が縮小

日本も続く?とか言いましたが、現実的にどんどん縮小しているのは肌感覚でも感じているはず。そもそも周辺にあったレンタルショップが何軒閉店したんだって話しですもんね。

有名ビデオレンタルショップとしては、ツタヤやゲオが有名ですけど、気が付けばどんどん閉店していってますね。

わたしが行ったことのあるレンタルショップなんて、もうほとんどありませんし残っているのは1店舗くらいなものです。

 

コロナの巣ごもり需要とか言って、ネットフリックスやアマゾンプライムなどにかなり移り変わっていってしまいましたから当然かもしれません。

どう考えても、便利で楽ですからね。

指先一つで映画やドラマが楽しめるとなれば、わざわざ借りに行く人も減りますよ。そりゃあ。それに安いですよね?見放題で1000円いかない場合も多いですし。

そういうわたしもアマゾンプライムに入会してますし、今までもネットフリックスやU-NEXT、ディズニープラスにも入会したりしていました。

ディズニープラスだけは別格で満足できました。マーベルとスターウォーズ強いです。

 

困るネットが不安なおじさん達

わたしの会社のおじさんの話しですが、いまだにネットで動画を見るというのに不安を持っている人が何人かいます。

このおじさん達はネット上で会員になるのにとにかく不安を覚えていて、何かにつけて情報を抜き取られると思っているからクレジットカードの登録なんてとにかく嫌なようです。

なので、何かあるとすぐに個人情報がどうだと声を上げています。

 

それにネット上のものは基本無料だと思っているようで、ネットで動画を見るのにお金を払うという行為にも抵抗を示しています。

これはもしかするとユーチューブのせいかもしれませんが。

そんなおじさん達は何かを見るのはテレビで十分だと言ってますし、いまだにレンタルビデオショップに足しげく通っています。

レンタルショップでいろんなビデオを眺めて、どれを見ようかなと考えながら過ごすのも好きなんだとか言ってます。

それって今目の前にあるもので悩むだけなら、動画ストリーミングサービスも一緒じゃない?とか言いますけど、全然受け入れられず。

 

このおじさん達はストリーミングサービスの入会して、お金を払うまでのハードルはすごく高そうで、わたしは常々心配しています。

おそらく、このネット環境に慣れていない世代がさらに歳を取って、慣れた世代が今のおじさん達の年齢になるころまでは、DVDから動画ストリーミングサービスとかの変化が起きにくいんだろうなと思った。

そもそも使わない人は別としても。

マコちん

出来るだけ新しいサービスは使っていって、色々な時代の変化についていきたいなと感じたニュースでした

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村のランキングに参加しています。バナーをクリックしてくれたら嬉しいです。